WorkImage
シラスウナギの採捕量

概要

僕はウナギが好きです。近年、ウナギが漁獲量が急激に減少し、価格が上がっています。ウナギが減った原因を調べるために、昨年(2018年)、ウナギの漁獲量や、稚魚(シラスウナギ)の量を調べて、オープンデータにしました。後、ウナギ減少のことを書いている論文を調べました。この結果を、Space Apps Challenge 2018 のときに発表したら、JAXA賞をいただきました。人工衛星で海流のデータも取れるので、組み合わせてみたら、昔よりも海流が南の方へ移動していることが原因の可能性が高いことがわかりました。今年もウナギが高くて食べられなくなるのは困るので、ウナギの業者の人はできるだけ早く、ウナギのオープンデータをやってほしいです。関係する人で、ウナギのオープンデータをやったら、ウナギが急に減ったり、急に価格が変化したりすることを避けることができると思います。
Contributors
1980年北海道苫小牧市生まれ。国立苫小牧工業高等専門学校卒業。前職の独立行政法人理化学研究所では情報システム開発を担当してきました。中小企業の資金調達支援や、コンサルタントを行っています。バイオ業界...
太田朔久(さく)です。 よろしくおねがいします。 鰻が好きです。 サッカーが大好きです。               
Files Content
Insert title here