【重要なお知らせ】 2018年11月1日より運営法人が変わります
 Contact

Link and Publish your data

to the Linked Open Data Community

Linkdata Work Information

SDGs(持続可能な開発目標):11住み続けられるまちづくりを

全世界で人類の半分以上は都市部に住んでいます。2050年頃には、人類の3分の2の人口に達する見込みです。都市空間の整備、管理方法などを改めない場合、持続可能な開発を達成することはできません。開発途上の地域における都市は急成長しており、農村部から都市部への移住者の増加と相まり、巨大都市が台頭しました。人口1,000万人以上の巨大都市は2014年まで28都市に増加、14年で倍増しました。実際には、4億5,300万人の住民が居住しています。その一方で、極度の貧困が都市部に集中することが多く国及び自治体は、都市を安全かつ持続可能にするための政策が求められています。そして、安全で手頃な価格の住宅へのアクセスを確保し、スラム地区の改善を図らなければなりません。また、公共交通機関に投資しながらも緑地を整備し、民主的で市民参加型での包摂的な方法で都市計画や管理を改善することも必要です。
11

value

useful
3
Loading...



Select a file name to see the detais.
   
#LINK
#lang ja
#attribution_name 志田健一
#license http://creativecommons.org/licenses/by/3.0/deed.ja
#file_name openworkssdgs
#download_from http://linkdata.org/work/rdf1s5500i
#property http://schema.org/image 目標No. 目標内容 取り組み 概要 食品・飲料・消費財産業 製造業 製造業 エネルギー・天然資源・化学産業 事例
#object_type_xsd string:ja string:ja string:ja string:ja string:ja string:ja string:ja string:ja string:ja string:ja
#property_context Assertion Assertion Assertion Assertion Assertion Assertion Assertion Assertion Assertion Assertion
1 http://app.linkdata.org/asset/505fb4c9.png 目標11 住み続けられるまちづくりを 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする 全世界で人類の半分以上は都市部に住んでいます。2050年頃には、人類の3分の2の人口に達する見込みです。都市空間の整備、管理方法などを改めない場合、持続可能な開発を達成することはできません。開発途上の地域における都市は急成長しており、農村部から都市部への移住者の増加と相まり、巨大都市が台頭しました。人口1,000万人以上の巨大都市は2014年まで28都市に増加、14年で倍増しました。実際には、4億5,300万人の住民が居住しています。その一方で、極度の貧困が都市部に集中することが多く国及び自治体は、都市を安全かつ持続可能にするための政策が求められています。そして、安全で手頃な価格の住宅へのアクセスを確保し、スラム地区の改善を図らなければなりません。また、公共交通機関に投資しながらも緑地を整備し、民主的で市民参加型での包摂的な方法で都市計画や管理を改善することも必要です。 ・継続性をもった収穫システムを確立する。そのための手段として、高度LED技術と灌漑の適用により、商業的規模での新鮮な食糧生産を都市部に組み込む。その結果、食糧生産が天候に左右されない様にし、都市コミュニティに対してより持続可能な食糧供給源を提供する ・サプライチェーンのすべてのサプライヤー、製造者及び小売業者を対象に定期的なリスク評価を実施する ・サプライチェーン内の都市に持続可能なインフラと交通システムを構築するために分野横断的パ ートナーシップを追求し、これにより従業員の雇用を促進しつつ、生産性を高める ・十分なサービスを受けていない地域に健康的な食品雑貨と生鮮食品を届けるために小売業者などのステークホルダーと提携する ・一般家庭及びオフィスのエネルギー効率を高める製品をとして、照明、換気、冷暖房、空調など開発する ・新興国の市場における住宅需要に対応する革新的かつ低コストな建築資材を開発する。バス、鉄道については、より持続可能な輸送ソリューションを構築し、これを販売する ・都市コミュニティにより大きな連携、エネルギー効率、さらには安全をもたらすために政府及び企業と協力する ・社会的なエコシステム価値を創出するために自然またはグリーンインフラを構築しつつ業務効率を最適化する ・リスク削減とレジリエンスを向上させるために公共セクター及びその他ステークホルダーとの間で、保険データ、モデルの範囲・種類などの共有内容を拡充する ・個人資産のレジリエンスを支える交通インフラや水道光熱事業者などの相互に依存する要因を分析する。これを高めるために都市のステークホルダーと協力する ・コミュニティ及び財産の安全を守るための治安に関するキャンペーンや警察の活動関する情報を提供する。リスクや苦情の傾向データを警察と共有する ・データやリスク管理に関する専門知識を共有し、影響力を行使する。そして、道路交通事故を減らせるよう主要ステークホルダーと協力する ・気象条件に対して耐性のある建築素材や技術に関する教育を住宅所有者及び事業者に実施し、それにインセンティブを与える ・土地区画及び建築基準法に関する政府規制について情報を提供するためにリスクに対する理解を共有する ・需要のピーク、セキュリティ攻撃、異常気象に対する送電網の強靭性を確保する ・政府との協働で新規の採取・生産施設により生じる新たな地域に関し、基本的サービスとインフラの提供、および悪影響の緩和を含め、計画立案のための情報を得る ・適切で安全かつ安価で提供される家賃の社員住宅の確保に向け自治体および不動産開発業者と協働する ・採取現場閉鎖後の土地の修復・回復に関する責任ある計画を資源の採取を開始する前に立案することを目指す ・文化的、歴史的、考古学的に重要な場所への影響を特定したり、緩和するため、用地開発に着手する段階から事前に地域コミュニティの協力を得る ・一般家庭及び企業のエネルギー効率は、時間を追ってエネルギー使用量を記録し、制御する能力を改善する製品を開発する ・都市部の大規模リサイクル・プロジェクトから原材料とエネルギーを調達する機会を探る (随時追加)
* Row count is limited to 100.